特定技能の特定産業分野と外国人が従事する業務

2023/09/28

2019年4月、特定技能という在留資格が新設されました。

それにより、人手不足が厳しい業界で、一定程度の技能・知識を有する外国人労働者を受け入れることが可能となりました。

2023年8月時点で、12の特定産業分野があります。

それぞれ従事できる業務が異なるため、きちんと確認しましょう。

特定技能って複雑・・・と思っていますか?

検討している人事担当者必見!
特定技能について
事例を含めて10枚で解説!

資料ダウンロードはこちらから
>

特定産業分野

特定産業分野は、「特定技能」を導入している産業分野となります。

2023年8月時点で、介護、ビルクリーニング、素形材産業・産業機械製造業・電気・電子情報関連産業、建設、造船・舶用工業、航空、宿泊、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業の合計12特定産業分野があります

介護

厚生労働省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、身体介護等(利用者の心身の状況に応じた入浴、食事、排せつの介助等)の仕事と、これに付随する支援業務(レクリエーションの実施、機能訓練の補助等)に従事することができます。ただし、訪問系サービスは対象外となります。

介護分野の業務に従事するには、関連の技能試験に合格すること、もしくは技能実習2号を修了することを満たす必要があります。

ビルクリーニング

厚生労働省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、建築物内部の清掃の仕事に従事することができます。

ビルクリーニング分野の業務に従事するには、外国人が関連の技能試験に合格すること、もしくは技能実習2号を修了することを満たす必要があります。

素形材産業・産業機械製造業電気/電子情報関連産業

経済産業省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、下記業務に従事することができます。

①機械金属加工

  • 鋳造
  • 金属プレス加工       
  • 鉄工
  • 塗装
  • ダイカスト
  • 機械加工
  • 電気機器組み立て
  • 仕上げ
  • 機械検査
  • 工場板金
  • プラスチック成形
  • 機械保全
  • 鍛造
  • 溶接
  • 工業包装

②電気電子機器組立て

  • 機械加工
  • プリント配線板製造
  • 仕上げ
  • 機械検査
  • プラスチック成形
  • 機械保全
  • 電気機器組立て
  • 電子機器組立て
  • 工業包装

③金属表面処理

  • めっき
  • アルミニウム陽極酸化処理

それぞれの業務内容に従事するために、関連の技能試験に合格する、もしくは関連する技能実習2号を修了する必要があります。

建設

国土交通省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、下記11種類の業務に従事することができます。

  • 型枠施工
  • 土工
  • 内装仕上げ/表装
  • 左官
  • 屋根ふき
  • コンクリート圧送
  • 電気通信
  • トンネル推進工
  • 鉄筋施工
  • 建設機械施工
  • 鉄筋継手

それぞれの業務内容に従事するために、関連の技能試験に合格する、もしくは関連する技能実習2号を修了する必要があります。

造船・舶用工業

国土交通省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、下記6種類の業務に従事することができます。

  • 溶接
  • 仕上げ
  • 塗装
  • 機械加工
  • 鉄工
  • 電気機器組立て

それぞれの業務内容に従事するために、関連の技能試験に合格するか、関連する技能実習2号を修了する必要があります。

自動車整備

国土交通省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、自動車の日常点検整備,定期点検整備,分解整備の仕事に従事することができます。

自動車整備分野の業務に従事するために、外国人が関連の技能試験に合格すること、もしくは技能実習2号を修了することを満たす必要があります。

航空

国土交通省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、下記2種類の業務に従事することができます。

  • 空港グランドハンドリング(地上走行支援業務,手荷物・貨物取扱業務等)
  • 航空機整備(機体,装備品等の整備業務等)

それぞれの業務内容に従事するために、関連の技能試験に合格する、もしくは関連する技能実習2号を修了する必要があります。

宿泊

国土交通省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、フロント,企画・広報,接客,レストランサービス等の宿泊サービスの提供の仕事に従事することができます。

宿泊分野の業務を従事するために、外国人が関連の技能試験に合格すること、もしくは技能実習2号を修了することを満たす必要があります。

農業

農林水産省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、下記2種類の業務に従事することが可能です。

  • 耕種農業全般(栽培管理,農産物の集出荷・選別等)
  • 畜産農業全般(飼養管理,畜産物の集出荷・選別等)

それぞれの業務内容に従事するために、関連の技能試験に合格する、もしくは関連する技能実習2号を修了する必要があります。

漁業

農林水産省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、下記2種類の業務に従事することができます。

  • 漁業(漁具の製作・補修,水産動植物の探索,漁具・漁労機械の操作,水産動植物の採捕, 漁獲物の処理・保蔵,安全衛生の確保等)
  • 養殖業(養殖資材の製作・補修・管理,養殖水産動植物の育成管理・収獲(穫)・処理,安全 衛生の確保等)

それぞれの業務内容に従事するために、関連の技能試験に合格する、もしくは関連する技能実習2号を修了する必要があります。

飲食料品製造業

農林水産省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、飲食料品製造業全般(飲食料品(酒類を除く)の製造・加工,安全衛生)の仕事に従事することができます。

飲食料品製造業分野の業務に従事するために、外国人が関連の技能試験に合格すること、もしくは技能実習2号を修了することを満たす必要があります。

外食業

厚生労働省の管轄となります。この分野の特定技能外国人は、外食業全般(飲食物調理,接客,店舗管理)の仕事に従事することができます。

外食分野の業務に従事するために、外国人が関連の技能試験に合格すること、もしくは技能実習2号を修了することを満たす必要があります。

まとめ

「特定技能」という在留資格の新設により、12特定産業分野において、一定程度の技能・知識を有する外国人の雇用が可能となりました。

ただし、特定産業分野の中にもさまざまな職種があります。

特定技能外国人が従事できる職種は、合格した技能試験や修了した「技能実習2号」によって異なるため、雇用する前に必ず確認しておきましょう。

特定技能外国人の雇用をお考えならば、まずはご相談を!

外国人雇用を検討していても、在留資格や制度や手続き・受け入れ環境の整備など、わからないことが多くて不安という方が多いのではないでしょうか。

JapanWorkは採用から入社後の支援もすべて行っているため、初めて外国人材を採用する方も安心してお任せいただけます。

30秒で簡単!相談申し込みをする

Related article関連記事

関連記事がありません。

お問合わせ・資料ダウンロード

外国人の雇用をお考えならば、まずはお気軽にご相談ください。